柿渋は体臭の予防にいいと言われる

柿には実は体臭や口臭を防ぐ様々な物質が含まれています、
主に臭いを吸着するものとしてた多孔質と呼ばれるものがあるのですが、竹炭などが消臭効果があるのと同じで臭いを吸着する性質があるからです。

これらの効果を利用したのがヨシトメ産業などが開発してるなた豆歯磨き粉です。

これに柿渋を加えることでさらに口臭予防を強化することができます。

なた豆歯磨きの効果はこちらも参照に
ニオイの元を吸着するのはお茶やワインなどに含まれる渋み成分であるタンニンと呼ばれる物質なんですが柿の場合はいわゆる柿渋つまり渋み成分がそれに当たります。
そして柿の渋み成分であるカキタンニンはお茶やワインの渋み成分であるタンニンの数十倍の消臭効果があると言われています。
実際に昔から口臭には柿を食べるといいと言われていましたがこういう効果があるからと考えられます。
柿渋というのはそれだけ消臭効果に優れており、最近では柿渋配合シャツや柿渋をメインとしたサプリメントなども販売されています。
柿渋というのは本来は渋みであるので食べにくい摂取しにくいというデメリットがあるのですが、柿渋の場合はそれらをとりいれやすくなっているのです。
また殺菌や抗菌効果もあることから建築材などにも昔から柿渋は使用されていました。
私も柿渋を配合したシャツをきてからは加齢臭などに体臭には全く悩むことはなくなりました。
柿渋のニオイ吸着効果はすごいものだと実感した次第です。
柿渋は最近では石鹸などでも使われています。
石鹸でゴシゴシ体を洗っても加齢臭が消えなかったという人は一度柿渋効果を試してみてください。
柿渋石鹸はかなり優れた体臭予防効果を発揮してくれます。